つーのゆめにっき

所謂、世間で「クソゲー」と呼ばれているゲームについて紹介したりしなかったりします。

つーくん的良曲紹介その1「神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴りやまないっ」

お久しぶりです。

ブログ書くのに時間かけすぎて、萎えすぎて更新が滞っておりました。

久しぶりの更新なのにクソゲー紹介じゃないのかって?

そこは大人、いやもう俺の事情です。気にするな。

今回の良曲

タイトルにもあります通り今回は僕が良いと思った曲をここに語り尽くしていきます。

バンド紹介にしようかなぁとも思ったんですが、それだと一曲一曲に対しての密度が薄くなるし、やたらめったら曲を勧めまくっても鬱陶しいだけかなぁと思ったんで、一曲ずつ紹介させて頂きます。

 

さて、今回僕が紹介させていただく曲は神聖かまってちゃんさんの、「ロックンロールは鳴りやまないっ」です。

www.youtube.com

デモ版とCD版があるんですけど、デモ版の方がMV、音源共に僕の好みなのでデモ版の音源を貼っておきます。この記事を読んで気になったらCD版も聴いてみてください。

語り尽くされた感と今更感はありますが喋らせてください。

良かったら聴きながら読んでみてね。

つーくんはどこが良いと思ったのか?

まず、神聖かまってちゃんというバンドについて少しお話します。

正直な話、バンド名からしてヤバそうですよね。僕も初めの印象はそうでした。

まあ実際いろんな意味でヤバいんですけど。今でこそあまり見ないですが、ニコ生で喧嘩やら無断路上ライブやらやってる時期がありました。そんな行動と全体的に癖の強い曲のせいか、曲の一つもまともに聴かずに「神聖かまってちゃんはクソ!」やら「音質悪いから評価下げたろ!」などのバカみたいなアンチにつきまとわれていました。今もいますが。

とりあえず、一般受けはあまりしていないバンドです。さあ語っていきますよ。

 

初めてこの曲を全部通して聴いて最初に感じた事は「なんかすげぇ」でした。

なんか適当に思われるかもしれないですが、なんかすごいもんはなんかすごいんで仕方ないです。

イントロのピアノの旋律めちゃくちゃ綺麗ですよね。この曲に限らずかまってちゃんのピアノパートは全部綺麗なんですけど。

これに激しいバンドサウンドと決してめちゃくちゃ上手いとは言えない、でもめちゃくちゃ熱意を感じる歌声が乗っている曲です。

あ、これ好きすぎる…

当時中学生でNirvanaやらGreen Dayやらを聴き漁っていた僕はそう思いました。

激しいサウンドに分かりやすい歌詞のパンクな歌詞が乗せられていりゃ反抗期のガキにはぶっ刺さりますよ。そりゃ。

作詞作曲をしている「の子」さんも邦洋問わずロックが大好きらしく、そんな人のバンドだから僕は神聖かまってちゃんが大好きなのかもしれません。

諸々のつーくん的感想

バンドの顔、ボーカル。

正直ボーカルの声は100人が聴いて100人全員が気にいるような物ではないと思います。

ですが熱いロックが好きだったり、「曲は歌声じゃねぇ!」というような方ならハマります。僕が実際そうなので。

具体的に言うと、

 最近の曲なんかもうクソみたいな曲だらけさ!

なんて事を君は言う、いつの時代でも

 の辺り。最初の方のけだるげな歌い方の面影は全くありません。聴いて頂いたら分かって頂けるかと。

この歌詞、一行目の事を伝えたいんじゃなくて、最近もクソみたいな曲ばかりじゃない、俺が良いギターかき鳴らしてやるよ、という事を伝えたい訳なんですよね。

クソみたいな曲だらけさ!という部分だけで綺麗に言い切っている為初見さんとかアンチに勘違いされがち。

てか、書いてて気づきましたがこの曲明確なサビが存在してない気がしますね…

それなのにフェス出たら神聖かまってちゃんをあまり知らない人でも手上げて叫ぶぐらい人気楽曲って凄いですね。

どうしてもボーカルが無理だ…やらなんやら言う方に神聖かまってちゃんのインスト曲を勧めておきましょう。

 

www.youtube.com

かの坂本龍一大先生も良いと褒めなすった名曲。アンチも黙ります。是非ご一聴の程。

 

続いて、一つだけ抜きん出て耳に飛び込んでくるピアノ。

これもう…ヤバいっすよね

全編通してむちゃくちゃ綺麗で、且つ他のパートの音とぶつかり合っていない。

一番最後の今すぐ、今すぐ、今すぐ叫ぶよの部分、ピアノだけ聴いてみて下さいよ。

ヤバいですよね。作曲部分は非の打ちどころがないとしか言い様がありません。

 

www.youtube.com

この曲はロックンロールは鳴りやまないっの前身となった曲で、ピアノパートだけの曲になってます。めちゃくちゃ綺麗なメロディですよね。

さらに、即興で作曲されたらしいですよ。マジで天才か…?

え?さっきの埋め込みのとこでこれを勧めておけばよかったじゃねぇかって?

 

黙れよ…

 

いえなんでもないです。

 

結局

この「ロックンロールは鳴りやまないっ」、マジで名曲と言わざるを得ません。

神聖かまってちゃんはこの曲以外あまり評価されてないように思います。

「さわやかな朝」とか「ぺんてる」とか聴いてくれ!俺が好きなだけだけど!

あ、でもこないだなんかの映画の主題歌にフロントメモリーが使われてましたね。

あれ亀田誠二さん編曲の上にの子さんが歌ってないのでほぼ別曲でした。

あの曲好きな人原曲聴いてみて下さい。

 

 

てな感じで熱い心を感じさせてくれる名曲、名バンドでした。

それではまた次の記事で。ラブアンドピース。

ロックンロールは鳴り止まないっ

つーくん的クソゲー紹介その②「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」

今回のクソゲー

今回紹介させて頂くのは、バンダイナムコゲームスさんより発売されたジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル(以下ASB)

f:id:tsukuntsukuns:20180823132356j:image

ジャケットの承太郎は最高にかっこいいですね。グラフィックと音楽も僕はめちゃくちゃ気に入ってます。

しかし、これはゲームなのであって、グラと音楽を求めるならアニメで充分です。

格闘ゲーム部分は僕は楽しめなくはなかったですが、後述させて頂くキャンペーンモードの初期の仕様やら、ストーリーモードやら、とりあえずやばかったです。

 

つーくん的クソゲーポイント

  1. ありえないストーリーの薄さ。

ジョジョの奇妙な冒険は、2018年8月現在連載中のジョジョリオンを含め全8部(1部から換算で既刊121巻)で構成されている重厚でアツいストーリーが人気を博している漫画です。

 

ですがこのゲームのストーリーモード、なんと要点を押さえるどころか名言から何から何までカットしまくっています。

このパッケージのグラのまま喋ったりしてくれるのかな、と発売前は淡い期待を抱いていました。

しかし現実はただの紙芝居でした。f:id:tsukuntsukuns:20180823133825j:image

なんやこれは。全編これですよ。

定価の8000円で購入してウキウキして始めたはいいですが、ストーリーモードは2時間にも満たない時間で終わってしまいました。

くっ...ならばこのキャンペーンモードとかいうモードなら楽しめるんじゃないか...キャラのコスチュームやら何やらを集めるモードなんだろう?

 

???「このモードは、エネルギーが溜まっている分だけ無料で遊べちまうんだ!」

ん?何だ今の声は...

 

2.キャンペーンモードの酷すぎる仕様。

はい、このキャンペーンモードというモードは先程の謎の声が言っていた通りエネルギーが溜まっている分だけ無料で遊べちまいます。

ん?なんか聞いた事あるシステムだな.....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソ   シ   ャ    ゲ

そうです。なんとこのモード、あろう事か試合回数=スタミナのスタミナ制にしていたのです。20分で1回復。(現在は5分で1回復)スタミナのストックは最大で5です。勿論課金要素はありありのありです。

このゲームの発売日前日の生放送に「キャンペーンモードってこういう仕様なんだよ〜」という旨の告知がありまして。

もう少し前から発表していればここまで批判されずに済んだと思うのですが。

確かに、当時はパズドラやら何やらが流行りまくっていました。しかしフルプライスのゲームにスタミナ付けるとか頭おかしいんちゃうんかオォン!?それでユーザーが喜ぶと思っとんか!?!?f:id:tsukuntsukuns:20180823135012j:image

3.登場するキャラの基準がよく分からない。

先程言った様に、ジョジョの奇妙な冒険は全8部です。

勿論好きな部は人ごとに違いますし、人気な部と不人気な部があるのは仕方の無い事だと思います。

でも格闘ゲームに登場させるキャラは均等であって欲しいのですよ僕は。

 

5部のキャラが少ないんじゃあ!!!

もっといるだろ!!!暗殺チームとか!!なんでDLCフーゴやねん!!!暗チ!!!!おい!!!!!!!

 

すいません、愛故に取り乱しました。

いくら人気と言えど3部、4部の登場キャラが明らかに多いです。

他の部の登場キャラが少ねぇんじゃ。

6部のキャラにウェザー(割と重要キャラ)がいないのも納得いきませんが...

DLCで1キャラ600円で売り捌くのも気に入りませんでした。全キャラ購入したら5400円ですからね。おふざけが過ぎましたね。

DLCにはジョジョとは関係ないバオー来訪者という作品の橋沢育朗(バオー)というキャラがいます。

同作者とはいえ、ジョジョの奇妙な冒険とは関係のないキャラを出す労力があるならジョジョのキャラに割いてあげましょうよと思いました。頼みますよそこ。

ですがバンナムも勉強した様で、続編のジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン(以下EoH)ではDLCのキャラどころか課金要素が一切存在しません。(大丈夫か、バンナム。)

このASBの登場キャラ数はDLCも含め41人です。EoHの登場キャラ数は52人です。

やれば出来るやんけ。最初からそうしといてよ。

 

結局

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルは、迷うところではありますが、クソゲーです。

惜しいところだらけなんですよ!グラは素晴らしいし、ジョジョに対する愛は感じるし。

でもゲーム部分になるとゲームバランスが練り込まれてないわ紙芝居だわ無料で遊べちまうわでむちゃくちゃなんですよ。

愛部分とゲーム部分で技術の相違があったみたいですね。

ハーフアンドハーフで片方テリヤキだけどもう片方デザートピザだったぐらいのミスマッチ感です。

つまるところ、「最初からそうしといてよ」って不満だらけな訳です。

言ってなかったですがオンライン対戦はラグが凄すぎて僕の家のそこそこ良いであろう回線では遊べた物ではありませんでした。ヤバいです。

 

でも何が一番ヤバかったかって、

僕がこれを発売日に定価で購入してしまったという事...

バンナム許すまじ。

つーくん的クソゲー紹介その①「THE プロレス」

はじめに

まず初めに断っておきます。

僕はクソゲーが大好きです。勿論良ゲーも好きです。僕がする紹介は、決して悪意が故している事ではありません。昔より親しんできたクソゲーへの愛ありきの事なのです。

後、参考文献やら画像がない時はうろ覚えで喋っちゃいます。その時はコメントで優し〜〜〜くご指摘ください。

 

その辺、ご理解の上ご覧下さい...

 

今回のクソゲー

今回紹介させて頂くのはSIMPLE1500シリーズよりTHEプロレス

f:id:tsukuntsukuns:20180823013228j:imageほれ見てくださいこのシンプルイズベストみたいなジャケット。ゲーム内容が入ってこないし面白さは伝わってこないしクソゲー臭がしまくってたまらんでしょ。これがいいんですよ。

 

つーくん的クソゲーポイント

 

  1. とりあえずグラがヤバイ。

f:id:tsukuntsukuns:20180823013804j:image

プリンス・赤坂 が多すぎて話が頭に入らないと思いますが一旦落ち着いて画像をご覧下さい。

 

これ、1999年に発売されたゲームなのですが、

初代PlayStationの発売年は1994年。

ハードが登場してから5年も経ってます。ユーザーの次のハードへの期待も高まる、黎明期です。

同じ1999年に発売されたゲームに、Final Fantasy 8、サガフロ2、IS internal section

などがあります。(え?ジャンルが全部アクションじゃない?まぁそれはいいじゃないですか...)

なんぼ四人同時で対戦できるグラにするって言ったって、もうちょっと綺麗にできたのでは...f:id:tsukuntsukuns:20180823014914j:image

この画像なんて左の柴犬太郎さんが尻出る寸前ですもの。

革のテカリ具合は良いですけどね。僕は好きです。

 

2. ゲームバランスがおかしい。

ごめんなさい、ここから正直友達の家で三日連続で半日かけてやりまくったぐらいの記憶しかないし、参考文献も無いので曖昧です。

 

このゲーム、キャラメイキング機能がありまして、自分の好みの技を覚えさせたり、好きな見た目にしたりできる、十人十色なとても良い機能なんですけど、必殺技の威力がおかしいやつ がありまして。

垂直落下式ブレーンバスターですね。

モンハンみたいな部位破壊的な要素がこのゲームにはありまして。

さっき言ったブレーンバスターを2発(だったはず)食らいますと、頭への負傷がMaxになって即KO です。

ちなみにダウンさせて関節技を決めてギブアップにさせた記憶は殆どありません。

これでは関節技やら何やらの出番がありません。ただ背後に回ってブレーンバスターをぶちかますだけのゲームです。

 

それがクソゲーたる所以なんですけどね。

 

3.クリアした感が1ミリもない。

実は今まで紹介してきたこのゲーム、CPUとの1回戦のみのマッチと、2P対戦のモードぐらいしか遊べるモードがございません。

キャラメイキングで作ったキャラでアーケードモードとか、キャラ一人一人に重いストーリーだとかは、全く無いです。

ある物は「やったぁ、対戦であいつに勝てた!」という喜びぐらいです。しかもブレーンバスター使えばほぼ100%勝てますからね。

 

 (僕の記憶違いでなんか他に遊べるモードあったらごめんなさい😔)

 

結局

このTHE プロレスはクソゲーです。

でも、ある友達の家で一番やったであろうゲームはこいつなんですよね。

ブレーンバスターでボコボコにしても笑い合ってたし、キャラメイキングに2人で3時間ぐらいかけたし、馬鹿みたいにやりまくりました。

なんでなんだろうか...絶対スマブラの方が面白いのにな...と思ってしまう自分もいましたが、考察すると、やっぱ、友達の力って偉大だな と。

友達がいるから批判だらけのクソゲーも楽しめるんだな。

あ、勿論1人で楽しめるクソゲーもありますよ!!

クソゲーが全部1人で楽しめるかと言われれば首をかしげてしまいますが、クソゲーを友達同士でやるとより一層楽しめる、という事です。

 

以上。文章書くのってやっぱり疲れますね。